@世界

私の人生を消費して。骨の髄まで美味しくしゃぶりつくして。 ツイッター@世界ID:@huantokyomu

まったくため息がとまらないよ。

最近酔っ払ったおじさんにセックスの話を強要されるみたいな事態があって、それにともなってまたセクシャリティの話とかを色々考えたので書き留めておく。

 私は恋愛とかセックスの話をするのがすごく苦手だ。まず前提としてセクシャリティのはなしをするのと自分の恋バナの話をするのはちがくない?ということ。もっとわかりやすく言うと下ネタと自分の性生活の暴露は違うでしょ?ということ。下ネタというのはセックスとか性器とかにまつわる事実にウィットを効かせてジョークにするということで、別にそれは気にならないというか、冗談として面白ければよし!みたいなふうに思うんだけど、それと自分の性生活の暴露(例えば誰とセックスをしたとか何をおかずに自慰をしたとかそういう話)をごっちゃにしている人がたまにいてそれは全然笑えないし聞きたくねーよという感じ。伝わったかな。

 それで、セクシャリティとはどういうことかとか、自分のセクシャリティ観みたいなものを話す上で、事例の一つとして自分の感情の動きとかを一歩引いたところから話すのはあんまり抵抗がないんだけど、自分が今している恋の話とかキスはどうだセックスはどうだみたいな話を自分のストーリーとして要求されるのはすごく苦手だし嫌。それは、みんなと同じような気持ちで恋愛とかができないというコンプレックスとかもあると思うんだけど、でもそれにしてもどうしてみんなそんな風に恋愛しないと生きていけないみたいな風に思っているのだろうか。どうして恋愛がこの世でもっとも素晴らしいもので尊いものみたいに思っているのだろうか。いや、別にそれは構わないんだよ一向に。そういう人が居ることは知ってるし、ただその人がそうなんだというだけのことだと思うんだけど、自分以外の人もみんな恋愛が最高みたいに思っていると信じているのはなぜなんだろうと思う。そうじゃない人もいるよね?アセクシャルとかノンセクシュアルとかの人だっているよね?別にそうじゃなくてもゲイでもビアンでもヘテロでもバイでも、別に恋愛にそんなに興味がない人だっているでしょ?

 なのに、多くの人は私が恋愛とセックスが生活の中心の女子大生だと信じていて、そのストーリーを消費したがる。恥じらいながら、しかし赤裸々にセックスを語ることを要求し、あわよくばそのストーリーに自分を組み込む夢を見て、私を勝手に消費するのだ。若い経験も少なくて自分の思い通りになる女として。たまったもんじゃないと思う。

 別にね?そういう消費をされることに快感を覚える類の女もいるわけ。だからそういう人とすればいいじゃん。あっちに座ってたずっとパンツが丸見えのビッチだったら喜んでしてくれるでしょ?と、思うわけ。

 それに私の性自認は女で普通に女として見られることが不快というわけではないの。それに私が女としてのストーリーを差し出すことで、自分に得るものがある(例えば慰めや癒し、気遣いや思いやり、あるいは権力を得られる)ならば、それを差し出すことはやぶさかではないの。ただ、自分で売った女を、対価を持った人が買うということと、なんの対価も払わずに人の女をつまみ食いしたいということには雲泥の差があると私は思うわけ。

 すごい話がごちゃごちゃしちゃったんだけど、何が言いたかったのかというと、多くの人が、人は恋愛を中心に生きていると信じ込んでいて、そうじゃない人が居るということに気がつかないということ。それから対価を支払わずに「女」ということをタダ食いするおっさんが多いということ。あとはそれに私が辟易しているということ。長くなっちゃったしわかりにくくてごめんね。