@世界

私の人生を消費して。骨の髄まで美味しくしゃぶりつくして。 ツイッター@世界ID:@at_sekai

受容を強要するなyo

最近好きなラジオ番組に、高橋みなみ朝井リョウヨブンのことっていうのがある。それを聞いてた時に思ったことを書くね。

前回は共感するということが求められすぎて、フィクションのフィクション性が理解できない人が増えてるという話題があった。番組での具体例は、不倫の小説に対して「ストーリーがつまらないです」ではなく、「不倫はいけないと思います。共感できませんでした」と言う人が増えたよな、というものだった。

確かにその通りだよなと思う。フィクションはフィクションだからいいところとか許されることとかがあるのに、それを解さない人っている。

その一方で私も、共感とかカタルシスとかに過度の重点を置いているきらいがある。辻村深月が好きなのなんかはまさにそれだよな~と思うし。でも朝井リョウだって相当共感系作家だよね?朝井さんと辻村さんなんてそれはもう私たちの世代には二大巨頭の共感系作家と言えると思う。(朝井さんはリア充、辻村さんはオタクが上手い。おすすめ。)それでも、その程度のフィクション性にも耐えられない人が増えているってことなんだろう。そのうち、ハリーポッターに対して「魔法なんて非科学的なもの、共感できません」なんて言い出す人がでてきたりして。まるでホラーね。おっと閑話休題

でも、そうじゃなくてもきちんと好きになれる。共感じゃない小説をフィクションとして楽しめる。共感系じゃない好きな作家って誰だろうかと思い返すと、ダントツで伊坂幸太郎なんだよな。伊坂の小説はめちゃくちゃおもしろくて読後感がいいけど、あとを引きずらない。完璧にエンタメなんだ。その上できちんと背骨が通ってるというか、きちんと哲学だってあるところが最高にいい。こういう楽しみ方を忘れずにいよう。村上春樹もこの類いかな、と思うけど、彼の小説には人生狂わされてる人もたくさんいるようだからどうかな。

よくよく考えてみたら江戸時代だって人形浄瑠璃曽根崎心中が流行った時には男女の心中が流行ったらしいから、フィクションと現実をごっちゃにしちゃうの、実は時代は関係ないのかも。

こんなに長々話しておきながら、本題はここじゃないの。これを聞いた時に、おんなじ種類の気持ち悪さを感じる最近の社会の風潮に「受容の強要」があるよなあ、と思ったの。

ここ数年、特にネット上で、受容的であることとかニュートラルであることがものすごく強く要請されていると思うんだけど、どうかしら。受容的であることはいいことだと思うけど、それを履き違えてる人が増えてるというか。なにか突出した主張を持つことが嫌われるおもむきが強い。すぐに叩かれる。すでに息苦しいけど、さらに最近は、自分はこうは思わない、自分はこうするべきだと思う、という一意見をいうことさえ難しくなっている気がする。これは結構危険じゃないか?

これの具体例はてぃ先生のツイート。内容はよく覚えてないんだけど、保育士の彼が現在の実情を彼なりに踏まえて自分の保育論を述べただけのツイートのはずが、随分噛みつかれていた。「その実情を否定するのはどうなんだ」的なリプライがぶわあああってついててすごい気持ち悪かった。しかも彼の意見は十分そうなってしまう実情を汲んでいたし、それでもより良く変えたい、変えた方がいい、という話だったのに、「その変革では良くならない」「こうした方がもっと良くなる」という意見ではなく、「他人の意見を受容しろ、否定は許さない」という、非建設的な感情ばかり。他人に受容を強要する前にお前がまずてぃ先生の意見を受容しろ。受容的であろうとするあまりに他人を否定しているんじゃあまるで喜劇だぜ。意図せず下手くそなピエロを演じてしまっている醜態に早く気づけよ。

最近こんな風な変な歪みが多いよ。病んでるのと紙一重だ。

 

絵を描く人

描かなくても生きていける。だからこそ描くんだ。

私には空っぽの3か月間がある。絵を描いていない、勉強もしていない、ただ呼吸を続けていただけの時間が。最低限の授業には出て、誘われればご飯くらいには行ったような気がする。他の時間はひたすら寝て、飢えない程度に食べられるものを口にして、眠ることにも飽いた時には手元にある活字を目で追った。空っぽというより他に言いようのない3か月間が私には存在する。

そこにたどり着くまでのおよそ1年間、私は締め切りやらサークルの催し物に忙殺され、休みらしい休みが取れなかった。その前の1年も生活するのに必死でおよそ余裕というものが存在しなかったから、大学生になって初めて、自分でやりたいことができる時間ができたのだ。初めは何をしようか、どんなことができるか、少しゆっくりして活力をたくわえたら動き始めるつもりでいた。けれども一回布団にもぐったら、そのあと戻ってこられなかった。何に迫られているわけでもないし、やりたいことができたらやればいいやと思っていた。でもそんな日は来なかった。ずっとずっと薄暗い部屋の中で、考えることさえもなく、ただ小さく蹲っていた。

なぜ空っぽの3か月に終止符が打たれたのかと言えば、何ということはない、新学期が始まったから、それに伴って締め切りができたからだ。要するに必要に迫られたのだ。別に休もうと思って能動的に休んだわけではなかった私は、また動こうと思って能動的に動いたわけでもなかったのだった。

そして私は受動的に生活を取り戻しながら絶望する。一度も絵を描きたくならなかったことに。食べて眠りさえすれば生きてしまえるということに。そしてはじめて問いなおす。どうして絵を描いているのかと。

 

締め切りがあるので3か月ぶりにキャンバスの前に立つ。前と同じように資料を用意する。前と同じように下地を作る。前と同じように下書きをする。前と同じように描き始める。前と同じように……?私は今までいったいどうやって絵を描いていたのだろう。どんな色を使って、どんな筆を使って、どんな油をつかって……?いやそんな表面的な問題ではない、本当に私は今までどうやって絵を描いていたのか、なぜ絵を描いていたのかがわからなくなってしまったのだ。結局絵の具とキャンバスを無駄にしてつまらない絵を、なんの身にもならない絵を描いて、私はまた呆然とする。

 

私を救ったのは光だった。光があるということだった。光を描くということだった。それはつまり影を描くということでもあったし、形を描くということでも、色を描くということでもあった。私はそこで、絵を描くことが楽しいとか、辛いとか、見ることで発見するとか、考えるとか、つまりは描くということを再発見していくのだった。

私は絵を描かなくても生きていけるけど、それでも絵を描くんだ、と思った。描くことでしか伝えられないことがあるとか、絵画よりもいいメディアが、ツールがあるとか、そういうことじゃない。何か言いたいことがあるとかじゃない。そういうことじゃねーんだよ。絵を描くことは好きだけど、好きとか嫌いとか、そういう話でもない。ただ、ただ描きたいんだ、描くんだ、私は絵を描く人なんだ。それだけなんだ。それだけなんだよ。

Reve

それはゆめの話です


少女の袖の膨らむ頃の
桜の花の散る頃の
昼間の月のひかる頃

美味しいお茶はいかがでしょうか
とてもよい香りがします
紅く琥珀にきらめきます

まるで絵画のなかにいるよう
まるでお伽噺のよう

それはゆめの話ですから
あなたもともにいかがでしょうか

明朝体で明日美子って、すごく美しい

中村明日美子先生原作、実写映画のダブルミンツを見てきた。以降ネタバレあるかも注意。それから、なるべくフラットな目で書きたいと思ってはいるけれど、私は原作ファンだというところも踏まえて読んでいただけたらと思う。

端的な感想はboys and menというグループの田中俊介さんが最高、の一言に尽きる。映画全体としては、実写にしては頑張ったと言えるんじゃないかな…。という感じ。ストーリーも、若干省かれてはいたものの8割方原作通りだった。実写映画にする上でどうしようもないところ以外は原作リスペクトで作ってくれたんだろうな、という心意気は充分感じられるいい作品だった。映画だとどっちが受けか攻めかわかりにくかったとこが残念だったかな。私的には二人の関係性を語る上で省いてはいけないと思ったんだけど、あなたはどう思うかしら。

キャスティングについて。これが2次元から3次元に持ってくるところでやっぱりとても難しいところの一つだと思う。小説や漫画にとって、見た目の持つ意味はどうしたって大きいし、それを実写で持ってくるのはどうしたって難しい。例えば、原作では堅気みつおの方が長身。これも二人の雰囲気の中で意味があることだけど、体型とかと違って努力じゃどうにもできないし。後はこれは私の希望だけど、堅気みつおはもっと普通っぽい感じだし、ヤクザみつおはもっと童顔でガリガリやわっこい感じだと思う。田中さんはとても痩せていたけれど、割と筋肉質で体がガキくささにかけた。

田中さんの何が最高って、役の触れ幅。暴力的で、弱くて、不安定で、そういうのの表現がすごくいい。漫画だとちょっとファンタジーよりだった表現が、すごく自然にリアルによってたところも良かった。漫画の通りなんだけど、漫画じゃないから、漫画の通りを現実に落としこむ、ってすごく難しいけど、それができてるのがすごい。絶賛。

そうだ、最後、チャイニーズマフィアになった後ののシーンやって欲しかったな~!俺としねるか、から俺が死んでも死ぬなよ、になるとこ描いて欲しかった。

 

ごめん、思った以上に愚痴っぽくなっちゃった。しかも超えらそう。ごめん。でも田中俊介さんは本当に良かったよ。見てみて。

時の花が、灰色の男が、

ようやく体調が良くなってきた。薬の力は偉大だ。もっと早く病院に行けば良かった。

何だかここ数日気持ちがアグレッシブだ。周りに対して攻撃的な気持ちになっては落ち込んでいやな感じ。あーあ不安定期。さっさと終われ。

 

人の本性みたいなのって何かトラブルや事件が起こった時にしか見られないと思う。泥沼恋愛や派閥やそれによる諍いや、単純にもめ事や、そういうものに巻き込まれた時にしか、人の本当のところみたいなものって見えない。だから、毎日ただ黙々とものを作ってますみたいな今の場所にいると、中々みんなの本当のところみたいなものが見えないなって思う。

いやもちろん普段の姿が大切じゃないわけではなく、むしろそっちの方が大切だとは思っている。みんなきっと1枚位は自分を装って、そうありたい、あるべき自分で居ようとするわけなんだから、そっちの方が大事だ。私はそれさえ上手くコントロールできなくて悩むことも多いし、きちんと1枚分装えている人は尊敬する。

ただ、だからといって、本性が全くもってないがしろにされて良いわけでもない気がするというか、例えば一見不良だけど本当は優しい心を持ってるよ!みたいなのは、優しい心持ってれば不良でもいい何てことは絶対になくてさっさと更正せーや、って思うけれど、でも優しい心っていうのを全く無視してしまうのもちょっと違うかなって思うのよね。

まあ何が言いたいのかっていうと、別に事件が起こらなくても、きちんと人と関わって、人の本性と付き合って行けるようになりたいなって話。私もいつの間にかいい大人だしさ。

 

但し、やり方はよく分からない。

文字が滑る

体は大切だ。今週は体調不良で全然踏ん張りがきかなかった。部屋のなかもかつてないほどぐっちゃぐちゃで、自分でひく。早く良くなれ。早く。早く!

 

良く誉めてくれる人がいる。

 

書くの疲れたおしまい。

何事もなかったように

ユーリ on iceを見た。1クールの中にシーズンの全てが詰め込まれていたから少し急ぎ足な感じは否めないけれども、それを差し引いても十分に面白アニメと言えるんじゃないかと思う。心情描写がいい。登場人物の一人一人が格好いい。時折挟む笑わせるところがいい。音楽がいい。後、絶対腐女子受けすると思う。

 

最近考えるということをさぼり過ぎて考えるのがつらい。ぼーっとして生きていたいしずっと寝てたい。扁桃腺が腫れて喉と耳がいたい。物もらいが治らない。顔にも謎の発疹ができてどうしてしまったんだろう。心より先に体が辛いって言い出して、普段超健康マンの私はちょっと辛いよ。

 

まあこの2年はリハビリもかねて、ちょっとづつ考えてたくさん作る。まあ良かったら見てよ。